むくみはどこに?

むくみが改善されました!
お肌ツルツルで実年齢より10歳は若く見えるパワフルな友人が
むくみに悩む私に勧めてくれたミネラルサプリ。
最初は半信半疑で始めたのですが、試してみたら効果テキメン!

身体はミネラルを使って新陳代謝を繰り返し、新しい健康な細胞に 生まれ変わるので
むくみの原因になる代謝の改善に最適なんだとか。

おまけに、なぜか甘いもや食欲にブレーキがかかるように・・・?

食欲をコントロール出来ないのも、実はミネラル不足が原因だったようです。
体の内側から若返っていくようなサプリはダイエットにも期待できそう♪
個人差はあると思いますが、管理人的には一番最強のサプリメントです。

⇒⇒⇒ 頑固な足のむくみ克服体験談!元気必須ミネラル

 

Top >  生理によるむくみ >  女性ホルモンのバランスとむくみ

女性ホルモンのバランスとむくみ

女性ホルモンのバランスの知識を持っているとむくみの時期も把握できますし、ダイエットにも良い時期などもわかってきます。生理が始まっている女性は、ダイエットをするにも、ホルモンの機能サイクルの影響を受けます。ですから、コンスタントに同じ方法でがんばるより、卵巣ホルモンの変化に合わせてメリハリをつけてダイエットをするほうが効果的です。大きく分けて2種類の女性ホルモンの仕組みを紹介してみます。

女性の平均的な卵巣ホルモンの変化のサイクルは上のイラストのとおり。排卵後には妊娠に備えて子宮内膜を厚くしたりするプロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンが多くなります。この分泌量が一定に達すると、体にむくみが生じます。排卵日から一週間後には、通常むくみのために体重が1〜2kgも増えます。この場合の体重増加分はほとんど水分量で、体脂肪が増加しているわけではありませんが、生理前1週間のこの時期と生理中は、体がだるくなり、体重は増え、むくみが出やすく、イライラする時期です。ダイエットをがんばろうとしても、効果は上がりません。  

もう一つの代表的なホルモンは、 エストロゲン(卵胞ホルモン)と言います。これは卵巣から分泌されるホルモンで、基礎体温で言うと低温期にあたります。ダイエットは、体温が低く、体の調子もいい生理後2週間のこの時期に積極的に行うといいですね。また体内のカルシウム量を調節する重要な役目をもち更年期に入り排卵がなくなると分泌されなくなり骨粗しょう症の原因ともなります。ダイエットの時期としては最適でストレスも感じることが少なくエクササイズで脂肪燃焼にも取り組めるでしょう。

むくみの他に女性ホルモンの影響による症状はたくさんあります。生理痛や、冷え、腹痛、頭痛、不眠、イライラ、にきびなどの吹き出物、シミ、シワ、尿疾患こなどで、症状や現れる出方などは女性の年齢や体質のよってまちまちです。これらの症状は、我慢は禁物です。毎日の生活に支障をきたすようなら医師の相談をお勧めします。

気になるむくみ解消グッズの効果は?
楽天でむくみ解消グッズの口コミをチェック!

 

生理によるむくみ

関連エントリー

生理が原因のむくみ 冷えが原因のむくみとセルライト 女性ホルモンのバランスとむくみ 更年期のむくみ