むくみはどこに?

むくみが改善されました!
お肌ツルツルで実年齢より10歳は若く見えるパワフルな友人が
むくみに悩む私に勧めてくれたミネラルサプリ。
最初は半信半疑で始めたのですが、試してみたら効果テキメン!

身体はミネラルを使って新陳代謝を繰り返し、新しい健康な細胞に 生まれ変わるので
むくみの原因になる代謝の改善に最適なんだとか。

おまけに、なぜか甘いもや食欲にブレーキがかかるように・・・?

食欲をコントロール出来ないのも、実はミネラル不足が原因だったようです。
体の内側から若返っていくようなサプリはダイエットにも期待できそう♪
個人差はあると思いますが、管理人的には一番最強のサプリメントです。

⇒⇒⇒ 頑固な足のむくみ克服体験談!元気必須ミネラル

 

Top >  病気によるむくみ >  こどものむくみ

こどものむくみ

こどもの病気のなかで、むくみは健康な場合は大人と違ってあまり起こらないのですが甲状腺機能障害や、心疾患や腎疾患などの病気が原因で起こることもあります。 むくみの症状と一緒に、高血圧や蛋白尿なども現れる場合もあります。それは急性腎炎のことが多く小児医師の診断をしてもらえば検査などでわかると思います。急性腎炎は溶連菌感染症や扁桃炎、咽頭炎などが原因でその後起こす頻度も高い病気といわれています。3〜7歳くらいに多く、安静も必要で入院する場合もあります。きちんと対処すれば、ほとんどが2〜3ヶ月ほどで治る病気です。むくみが起こる病気にはいろいろありますが、とくに注意したい急性腎炎などは、治りかけでも、蛋白尿が消えるまでは体育などの激しい運動は控えるようにして、血尿が消滅したら完治と考えて良いようです。経過を見ていくことが大事ですね。慢性腎炎に変化することはないといわれていますが、小学校高学年以上のこどもが急性腎炎にかかると、腎機能障害が残ることもあるそうなので、むくみのサインを無逃さずにすぐに医師の診断を受けることと適切な処置を行うことをお勧めします。

またこどものむくみのなかでも尿の量がかなり少なくなり、蛋白尿とむくみが起こる腎臓病をネフローゼ症候群と総称しています。この場合はステロイドホルモンなどの治療が有効的といわれていますが、副作用もあるのである一定の時期限定で投与をおさえたりと治療方法はコントロールが難しく、きちんと医師の指示のもとで治療を勧めていくのが良いようです。

いずれにしてもはっきりと病名を診断して早めに適切な治療を受けることが大切ですね。

気になるむくみ解消グッズの効果は?
楽天でむくみ解消グッズの口コミをチェック!

 

病気によるむくみ

関連エントリー

病気によるむくみ 心臓病とむくみ 腎臓病によるむくみ 肝硬変によるむくみ 糖尿病とむくみの関係 こどものむくみ