むくみはどこに?

むくみが改善されました!
お肌ツルツルで実年齢より10歳は若く見えるパワフルな友人が
むくみに悩む私に勧めてくれたミネラルサプリ。
最初は半信半疑で始めたのですが、試してみたら効果テキメン!

身体はミネラルを使って新陳代謝を繰り返し、新しい健康な細胞に 生まれ変わるので
むくみの原因になる代謝の改善に最適なんだとか。

おまけに、なぜか甘いもや食欲にブレーキがかかるように・・・?

食欲をコントロール出来ないのも、実はミネラル不足が原因だったようです。
体の内側から若返っていくようなサプリはダイエットにも期待できそう♪
個人差はあると思いますが、管理人的には一番最強のサプリメントです。

⇒⇒⇒ 頑固な足のむくみ克服体験談!元気必須ミネラル

 

Top >  妊娠によるむくみ >  妊娠中のむくみに良い食事

妊娠中のむくみに良い食事


妊娠中には、とくに食事制限など、妊娠中毒症や、むくみにならないように普段から心がけていないと、味覚がホルモンのバランスによって変化したり、体調が悪くなったりして、不規則になりがちなので、とくに注意したいものです。
むくみ全般に良いとされるむくみ予防・解消の食事などは別のところでも取り上げていますが、妊娠中は塩分も一日に摂取する量も制限があります。ここではポイントを整理してむくみ予防に加え、肥満防止にもつながるので参考にしてみてください。

まずは減塩
・むくみの大敵の塩分を減らせる救世主の酢やレモンなどを利用する 。
・しいたけ・昆布・鰹節などのうまみを利用して味付け減塩できるようにする 。
・香辛料や薬味をうまく利用すれば減塩につながる。
・塩分の多く含まれている加工食品や外食は極力控えめにする。たまには外食も良いのですがその場合には汁は残しましょう(かなり塩分が含まれています)。
・塩分の多い食品に注意しましょう(ちなみに食塩は1日10g以下です)
・睡眠や休息を十分にとり過労はなるべく避ける。
・肥満を防ぐための栄養素としては (低カロリー・主食類(炭水化物)、砂糖、菓子、油脂類、果物類はひかえましょう。ヘルシーな果物もとりすぎには要注意で、以外に太りやすいのです。
・良質の脂肪分の少ないタンパク質(肉や乳製品・豆腐・納豆など)や野菜をとるように心がける。

妊娠中は定期健診などでちょっとした変化は数値にも現れますし、その都度こまめに医師と相談して早期発見と、予防に努めましょう。

気になるむくみ解消グッズの効果は?
楽天でむくみ解消グッズの口コミをチェック!

 

妊娠によるむくみ

関連エントリー

妊娠初期のむくみ 妊娠後期のむくみ 妊娠中のむくみに良い食事