むくみはどこに?

むくみが改善されました!
お肌ツルツルで実年齢より10歳は若く見えるパワフルな友人が
むくみに悩む私に勧めてくれたミネラルサプリ。
最初は半信半疑で始めたのですが、試してみたら効果テキメン!

身体はミネラルを使って新陳代謝を繰り返し、新しい健康な細胞に 生まれ変わるので
むくみの原因になる代謝の改善に最適なんだとか。

おまけに、なぜか甘いもや食欲にブレーキがかかるように・・・?

食欲をコントロール出来ないのも、実はミネラル不足が原因だったようです。
体の内側から若返っていくようなサプリはダイエットにも期待できそう♪
個人差はあると思いますが、管理人的には一番最強のサプリメントです。

⇒⇒⇒ 頑固な足のむくみ克服体験談!元気必須ミネラル

 

Top >  むくみのタブー >  水分とアルコールの摂り過ぎによるむくみ

水分とアルコールの摂り過ぎによるむくみ

どうしても男性に比べ女性はむくみやすいといわれています。自らの力でほとんど流れることのないリンパ液。筋肉を活発に動かし血流もよくすることでむくみも解消されていくものなので、それらを阻害する水分や、アルコールの摂り過ぎには注意しましょう。

まずはむくみに良くない水分の摂り過ぎについてです。人間の体にとって水分は欠かせない存在ですが、摂り過ぎもむくみにとっては良くないのです。通常摂取する量であれば、ある程度余分な水分は、静脈やリンパ液などによって腎臓に運ばれ、濾過されたものは尿として排出されます。ところが水分の摂り過ぎは腎臓で処理しきれずに、血管からにじみだし、皮下組織に蓄積されてしまうのです。たいていは喉が渇くとすぐに水分補給をしますね。ところが脳に潤ったという反応が届くのにはズレが生じていて、体内では足りているのに、過剰に摂り過ぎてしまい、血管内の水分が増えてしまうのです。こうなると血管内の圧力がかかり、さらに水分が皮下組織に蓄積されてしまい、むくみが悪化してしまうのです。

では続いてアルコールについてです。ついのどが渇いたときにアルコールを摂取してしまいがちで、最近ではどうも水分補給になっていないという情報も耳にしますが、実際体内ではどのような状態になっているのでしょうか?アルコールをたくさん飲むと動脈が拡張しその壁から水分が滲み出し、静脈の水分量までもが影響を受けて水分が過剰になってしまいます。結果として余った水分は皮下脂肪にたまってしまいむくみが生じるのです。ビールなどは利尿作用があるといわれていて、一見水分を体外に排出するのに良さそうですが、あくまでも腎臓が尿を排出するというだけであって、かえってそこで排出されてしまうので、血液濃度が高くなり、それを体のほうは補おうとして、さらにアルコールを飲んでしまうのです。従ってアルコールは多少飲む分には顔が赤くなり体も温まり血流も良くなりリンパの流れも活発になるのですが、多く摂取するのは控えたいものなのです。

気になるむくみ解消グッズの効果は?
楽天でむくみ解消グッズの口コミをチェック!

 

むくみのタブー

関連エントリー

水分とアルコールの摂り過ぎによるむくみ 締め付ける下着によるむくみ 激しい運動によるむくみ 寝具によるむくみ むくむ姿勢(エコノミー症候群)